イライラの浄化法

こんにちは!
山本マキです。

突然ですが、イライラすることってありますか?
私はたまーにあります。笑

なぜこんな記事を書いたかというと、
実は昨日、旦那と喧嘩をしまして。笑


イメージ図です(笑)

最初は私もイライラしていたのですが、
そういえばメンタルトレーニングでイライラの浄化法を学んでいたなと思って
実践したところ、スッキリしたので
その方法をお伝えしたいと思います。

私がこの方法に出会うまでの苦悩

私がこの方法を実践する前は、
喧嘩した後はまじで「絶望」しかありませんでした。
というのも、「私が悪い」という連鎖に陥ってたんですよね。

こんな風になっちゃった私が悪い。
どうして私はこうなっちゃうのかと。
考えて考えて、考えまくって泣いて、
また考えて。
なぜ自分が悪いかの答えを求めて、旦那に問い詰めて、
無理繰り出してくれた答えに落ち込んで、
泣いて。

これだけ見ると完全にやばいやつです。
でも本当にその時は辛かったです。

用意するもの

・紙
・ペン

浄化の手順

紙にとにかく自分の気持ちを書きます。

ジャッジはしません。
「ムカついた。」
「相手のことが理解できなくてイライラした」とか。
素直に書きます。

そしてそのことにジャッジはしません。
つまり
「いいこと」「悪いこと」と判別はしないということです。

ただその現状を受け入れる

「あー。私はいやったんだな。」
「こういうところがムカついたんだな。」

・・・・・。

「なんて心が狭いんだろう!私はダメだな」とか
「なんでわかってくれないんだろう!私は悪くないのに!」とか
そういうのは置いておきます。

自分しか見ません。
汚い言葉を書いたって構いません。
この紙の前では自分は素直なんです。

人からどう思われるかとか、
こんなこと言っちゃ行けないとか、
そういうことは抜きにして書きます。

これはイライラだけじゃなくて、
モヤモヤした時にも使えるし、
悩んだ時(モヤモヤと同じかもしれないけど)も使えます。

私がかつて、ビジネスをやるかやめるかで悩んだ時も、
この方法を試しました。

「自分で稼ぐ力をつけたい。」
という本当の気持ちに対して、

「でもやっぱり無理なんじゃないか」
「稼ぐには時間がかかるんじゃないか」
「薬剤師もっと頑張ったらとか思われそう」
とか書いてました。

「無理なんじゃないか」=こんな弱気な自分はダメだ。
「稼ぐには時間がかかるんじゃないか」=甘ったれてる自分はダメだ。

このループに入ると、
マジで抜け出すのに時間がかかります。

「だから自分はダメなんだ」というループに入ります。

ジャッジ、しなくていいから。
ただ自分で自分の気持ちを受け止めればいいんですよ。

まずはそこです。
受け止めて初めて次のステップに進めます。

「嫌だったんだ。」
「私はこれにイライラしていたんだ。」

私は最近この言葉にプラスαとして
「よしよし、わかったよ。」とつけています。
自分に。

自分にですよ。
自分によしよしですよ。

完全にやばいやつやんって思いますか?笑

今まで自分を責めたてたことしかなかった自分にとっては
大きな進歩でしたし、
それを認めた瞬間に心がじんわりして、
泣いてしまうことは未だにあります。
心の中にいるもう一人の私を感じました。

そしてここができたら次のステップ。

自分のイライラを分析する

イライラした時って、
相手に何かを期待していた時だと思うんです。

例えば、
12:00待ち合わせだったら、11:55分には来るだろと思ったのに、
相手は12:10に来た。
普通は謝罪が先だろうって思ってたのに、言い訳が先だった。とか。

感謝してくれると思ったのに、
何も言ってくれなかった。とか。

「思ったのに。」
「違った」

というのがキーワードだと思うんです。

自分の期待とは違うリアクションが帰って来ると、
人はイライラしてしまいます。

相手に何を期待していたのかを分析します。

回避策を練る&伝える

分析したら、自分で回避できるように策を練ります。
なぜ自分から策を練るかというと、
相手はコントロールできないからです。

例えば、先ほど例に挙げた、遅刻の件で考えたら、
自分の期待があったわけですよね。
「11:55には来てるはず」
だけど事実は「12:10」に来た。

そこで、事前に策を練る!
「11:50着の電車でいくわ!」みたいなね!!

言わなくてもわかるでしょを
取り除く作業です。

言わなくちゃわからないんです。

なんでこんなこと言わなきゃいけないの?と思っても、
この一手間を加えるだけで衝突が格段に減ります。

伝え方は簡単。
「伝える」だけ。
「押し付ける」とは違います!

正解不正解を問いただすのではありません。

私はこうだよ。と伝えるだけ。

遅刻に関しては、相手が「ふーん」で済ませて、
結局結末が変わらないこともあるんですが、
それに関しては、自分で線引きをして、
「これ以上は譲れないライン」を提示して、
それでも歩み寄らないような人とはスパッと切ったらいいんです。(*・∀・)

最後に私がダメだった解決法を残しておきます。

中にはこれで解決する人もいますが、私はダメでした。
3年以上この方法をやって、まじで迷走しました。

その方法とは、
その感情を抱かなくするほどに忙しくする。です。

忙しいって心を亡くすと書きますよね。
まさにそんな感じ。

私がかつて、ネットワークビジネスに励んでいた時、
人に対してイライラしてしまった時に
師匠から言われた言葉です。

「暇だからそんなこと思うんだよ!!」って。

次のアポがあるとそんなことイライラしてる暇ないよね。
そんなこと考えてるうちはまだまだ暇ってことさー。
もっともっと現場入れまくろう!!
と言われ。

感情に蓋をしてしまうという事件がありましたw

どういう表情をしたらいいのか、
どういう気持ちを抱けばいいのかわからなくなってしまって、
常にリアクションに困っている状態。

結果、自分を見失いました。
回復するのにかなり時間がかかりました。

私、何が嫌なのかわかんない!けどすごく辛い!的な感じです。

補足

ダメな例で紹介したものについてですが、
うまく伝えられてないような気がしたので補足です。

目標があればイライラしてる暇はないと思います。
怒ってる時間もったいないからやりたいことやろうと思えるはずです。
今の私がそういう感じです。

そうじゃなくて、ただただ、体や心を動かし続けている。
それが何も目標につながっていないとわかっていながらも・・・。
ただ、時間を潰している。という状態なのはお勧めできないかな〜という意味です。

伝わったかな??笑

まとめ

自分のイライラを浄化する方法は
・紙とペンにありのままの気持ちをぶちまける!
・そして、その気持ちをジャッジせず受け止める。
・イライラを分析する。(相手に何を期待していたのか)
・自分の希望を相手に伝える。(自分の意見を押し付けるいうという意味ではありません)

よく喧嘩しちゃうんだよねとか、
よく悩んで前に酢進めないんだよねと思っている方は試してみてくださいね♪

PS
紙とペンは、いいアイデアが思い浮かんだり、
あっ!って思ったことメモできるのもオススメのポイントです。

1 個のコメント

  • コメントを残す