対談企画第三弾!~妊娠、出産とママさん薬剤師~

ママさん薬剤師との対談

悩める薬剤師のための対談企画第三弾!
~ママさん薬剤師編~
今回対談させていただいたのは
生後3か月のお子さんがいらっしゃる
ママさん薬剤師のPONさんに
お話しを伺いました。

正社員として働いていたPONさんは
妊娠、出産をどの様に乗り越えたのか!?
職場の反応は?

そして、対談中にPONさんの
やりたいことが発覚し
対談は意外な方向へ!
PONさんの未来は!?

今回の記事はこんな方に特にオススメ!
・出産を控えている女性薬剤師の方
・ママさん薬剤師の悩みを知りたい方
・実は薬剤師以外にやりたいことがある方

もちろん、上記以外の方にも
是非読んでいただきたいです。

それでは、どうぞ!

産休の裏側・・・

セイヤ
今日はPONさんよろしくお願いします!
PONさん
よろしくお願いします!
セイヤ
まず初めに簡単な自己紹介をお願いできますか?
PONさん
PONです。
薬学卒業して薬局に就職しました。
2店舗(内科の隣と小児科の隣)を
担当していたので
お年寄りから子供まで色々な患者さんを見てきました。
出産のために会社を辞めて、
今は3ヶ月の子供の子育てに奮闘中です。
セイヤ
PONさんは薬局で産休、育休をとらずに辞めるという選択をされたんですね?そこは迷いましたか?
PONさん
とても迷いました。
しばらく医療の現場から離れてしまうことで復帰することへの恐怖感がでてしまうのでは…
それなら産休育休とってすぐに復帰しよう…という気持ちと、3年くらいは子育てに専念してみたい、という気持ちもあってとても悩みました。
PONさん
あと…
職場の環境的に…
産休育休とって(お金だけもらって)辞めるのはどうなのかという圧力的なものもあったので。。。
セイヤ
なるほど、復帰への不安と産休育休の取りづらさ。産休育休取って辞めることへの後ろめたさ。

薬剤師は女性が多く活躍していますからこれは大きな問題ですよね。
そんな理由から薬局を辞めるという選択をされたんですね?

PONさん
そうですね。
産休育休もらったら復帰しなきゃ!と思ってしまいます。
でも、実際に子供を生んでみないとわからないことも多いので…。
それなら一度辞めて考えようと思いました。
でもきっとそれができるのは薬剤師という資格があるからなんでしょうね。
セイヤ
法律上の問題は別として、
気持ち的に産休育休を貰ったら復帰しなきゃいけない気がする。
でも、実際どうなるかなんてわからない。
確かに仰るとおりだと思います。

薬剤師は他のところでもパートとして復帰しやすいですからね。

ちなみに、実際に予想していなかったことって何かありますか?

PONさん
予想していなかったこと…
自分の子供がこんなにもかわいいのかってことですかね(笑)
しばらくは仕事しないで
子供と一緒にゆっくりしたいなという気持ちになってしまいます。
セイヤ
なるほど(笑)
それは確かに予想できないですね!予想以上のかわいさだったと!

これは親バカになる予感しかしませんが、自分も将来なってるんだろうなー…

PONさん
小児科で働いていたので子供は見てきてるはずなんですが、やっぱり自分の子が一番と思ってしまうものなのかもしれないですね(笑)

子育てとお金のジレンマ

セイヤ
話を少し戻しますが
3年、子育てに専念したい!と
先ほど仰っていましたね?

その気持ち私も同じで
とても分かるんですね。
子ども好きだし、できれば幼少期を一緒に過ごしていたい。

それと同時に
「実際どうなんだろう?」
と思うこともあって。
例えばお金の問題、
現実問題として奥さんも働かないとお金が厳しい方も多いと思いますが、PONさんはその辺どうですか?

PONさん
そうですよね。お金の問題は
子供がほしいと願ってからずっと主人と話題になっていた問題
です。
主人一人での収入でやっていけるほど余裕があるわけではないですし。
でも、今までの貯蓄と相談しながらまた働いたりもできるかなぁと。
セイヤ
今は薬剤師として職場復帰を考えていますか?お子さんがいくつになったら、また働きたいとかありますか?
PONさん
職場復帰は迷ってます。
子供ができる前は趣味でパンを作っていたんだけど…一度パン屋さんでも働いてみたくて。
お給料はきっとかなり下がるし、
薬剤師として働いた方がとも思うんだけど…。
夢だったパン屋さんで働いてみたいなぁと。
PONさん
今はまだ子供の側にいたいと思うから、理想的には3歳とか小学校入ったらとか思ってるんだけど…。。

実際的には、働くなら保育園に
入れなきゃいけないし、入れるなら
早く(1歳になる時に)入れないと
保育園入れなくなるよって
聞いたことあるし…。
私の住んでる地域は待機児童多いみたいで。
夢と現実は違うかなぁと思って悩み中です。

薬剤師とパン作り、2つの道

セイヤ
パン屋で働くのはいつからの夢だったのでしょうか?
PONさん
大学生の時からパンを作るようになって、それからかな💡
パンがね、かわいくて(笑)
売るというより作りたい。色々教わってみたい。
だから一度でいいから薬剤師に戻る前にやってみたいなぁと。
セイヤ
売るというより作りたいんですね。
色々教わりたい。
でも、パンで薬剤師と同じぐらいお金を稼げる様になったらどうでしょうか?
PONさん
難しいですね。そしたらパン屋を続けるかもしれないです。
セイヤ
なるほど。それはそれで良いと思いますね。6年間かけて勉強したからと言って一生薬剤師を続けないといけない決まりはないですからね。
PONさん
そこなんです。6年もかけて辛い勉強して、
それなのにそれをいかさないで
これから過ごしていくのか…ってとこですよね。
もったいないなぁと自分でも思います。
セイヤ
ちなみに薬剤師×パンというのはどうでしょうか?
ここで繋げられたらおもしろいなと私は感じるのですが・・・。今までやってきたことを活かしつつ好きなことでお金を稼ぐのはどうですか?
PONさん
そうですね~
なんか楽しそうです(笑)
新たな取り組みになりますね!
そんなに知識がないので不安もありますけど…。。。
セイヤ
「薬剤師 パン」で調べたら2012年の記事で
現役で薬剤師をしながらパン屋を
やっている方が居ました。
男性なので労働時間を多くとれるからこそ出来ているという感じですが。
(5年前の話なので今はわかりません。)
そこを繋げられるかどうかは
別として一つの目標として
目指すのはとても面白いし、素敵だと思います。
PONさん
そうですね!
でも…私自身一人薬剤師の所で働いていた時もあってとても大変な思いをしてきたので、
薬剤師をやりながらパン屋も…
というよりは、
薬学の知識をいかしながらパン屋を…
の方が今はいいかなぁ…なんて思ってます。

薬剤師の資格の活かし方

セイヤ
実は私、薬剤師の資格の活かし方ってそこなんじゃないかと思っているんです。
思い切ってチャレンジすることができる、失敗しても帰って来れる場所がある。少なくとも今の時代は。
セイヤ
だからこそ、薬剤師は新しいことにもっと挑戦しても良いのではないかと考えています。
そして私はチャレンジする人を応援したい!
できるだけ、お金をかけずに
チャレンジする方法を一緒に考えたいと思っています。
PONさん
挑戦する時の一歩がなかなかでないんですよね。
だからそういう風に言ってくれる人がいるって本当にありがたい。
お金をかけずに、とても重要ですよね。
今の現状薬剤師で働いた方が
確実にお給料は良いけれど、
自分の好きなことをしながら
家族にも還元(パンを?笑)
できてお給料も同じくらいで…なんて理想ですけど、そんなことができたらすごいですね!
セイヤ
お金の作り方は色々あると思います。
でもそれはこうすれば絶対良いって正解はなくてその人にあったものが必要です。

明日のお金が必要な人にお金をかけて収益を上げる方法はオススメできません。
お金は欲しいけど忙しくて時間が取れない人に時間をかけて収益を上げる方法はオススメできないですからね。

PONさん
パンを通じての愛情、お金を稼ぐスキル…難しいなぁ~(笑)
できるかなぁ~。。

お金の壁

PONさん
実は、主人にパンを作りたいって相談した時に、パン屋でも開くか!
って冗談だけど言ってくれて色々調べてくれたことがあって。
その時は夢のまた夢だなぁなんて思ってました。
セイヤ
旦那さんが応援してくれる!それ大事ですよ!
PONさん
パン屋を開くなんてお金もかかるし大変だろうなぁと思ってたから、
「パン屋をやる、ではなくパン屋でお世話になる」としか考えてなかったです。
主人も食べるのは好きなので応援してくれるんだと思います(笑)
セイヤ
それでも良いんです、応援してくれることが大事なんです。
ponさんが作ったパンを旦那さんが食べて喜ぶ姿を見れる。
最初はそこが始める理由で良いんですよ。
セイヤ
パン屋となるとそうですね、資金が壁になりますよね。
大事なのは自分でいきなりパン屋を開こうとしないことです。
パン屋でパン作りを勉強をさせて
もらうのは良いかもしれませんが
普通のパートとしてパンの販売員になるのも違うと思います。
PONさん
自分もパン作りが好きだし、
主人も食べるのが好き、
そして子供も食べてくれるようになってくれたら幸せですね。
やっぱり自分で作るには限界があるのでパン屋さんで色々教わって経験したいなぁと思ってたんです。
PONさん
でも、パン屋を開くとなるとまた作るだけでなくて、それこそお金を稼ぐスキルとか他のいろんなことが必要ですものね。
セイヤ
なるほど。
まずは、少し教わりたいと。
薬局もそうですが、パン屋の資金もかなり大変そうですね。
機械化の時代ですから、その辺にお金がかかりそうです。

たどり着いたのは・・・

セイヤ
薬剤師というスキルを活かすとなると「薬膳パン」
今の時代の流れで言うと
「低糖質パン」で美味しいものを作れる勉強をする。

この辺の勉強をすると他と差別化ができて薬剤師らしさが出てくるかなと思います。
この辺は興味ありますか?

PONさん
興味あります♪
実は…私自身出産の影響で腎臓と肝臓が悪くなってしまっていて通院中なんです。
パンを作るようになってから知ったんだけど…
ものすごくお塩を使うんです。なので、腎臓には負担になるなぁなんて思ってて。
PONさん
薬膳パン、低糖質パン、減塩パン、なんて作れるかはわからないけどトライしてみたいなぁと思いますね。
セイヤ
まずはそれらの作り方を
調べて試したり、教えている人や教室を探してみると
最初の1歩が開けそうですね。

お子さんがまだ小さく時間を作るのも大変だと思いますがまた何か進展が有ったら教えてください。
いつでも相談に乗りますので。

PONさん
ありがとうございます!

同じ様な悩みを抱えている方へ・・・

セイヤ
そろそろお時間もいい感じなので今日はこの辺で。
最後に対談を通じて気付いたこと、同じ様に悩んでいる薬剤師の人にメッセージをお願いします。
PONさん
資格があるから一度辞めて夢だったことをして戻ろうかなぁ…
なんていう風に考えていたけれど、
資格を活かして夢を叶えよう!
とは思っていなかったので新たな発見でした。

産休育休とれるならとって少し休む方法もあると思います。
でも、私みたいになかなか厳しい職場環境の方もいると思うので、
一度辞めて考えてみるのもありなのかなぁと。
6年かけてせっかくとった資格、それは辞めても残るので。

まだまだ考え途中だし、子供の成長と共にまた考えも変わるかもしれないんだけど…とりあえず今のところはって感じかな。

セイヤ
一度辞めて夢を追うのもありですし、その夢と既存のスキルや資格を繋げられる様に考えるのも一つです。
既存の選択範囲に縛られず掛け算できれば、薬剤師の活躍の場は広がっていくと思います。
その時々で変わるのは当然です。今はこう考えている。それでいいのです!ponさんの今後のご活躍を楽しみにしています。

対談を終えて・・・

改めて、人生の選択肢は1つじゃないんだなと対談を通じて感じました。
薬剤師と言う資格を持っているから
と言って病院、薬局、ドラッグストアで
働かないといけない!
なんて決まりはありません。
また同様に年齢も関係ありません。

やりたいことやチャレンジしたいことがあれば薬剤師を続けながら小さく始めてみてはどうでしょうか?
それを薬剤師スキルと掛け合わせることができればそれだけで薬剤師としての活動
になるのではないでしょうか?

また、やりたいことが無いけど現状を
何とかしたい!お金を稼ぎたい!!
と言う方もいらっしゃると思います。
そんな方は、まず相談してください。

(私は1人で何年も何年も悩んで行動できない人でした。
お願いですから私の様にならないでください。)

人生は今この瞬間から
選びなおすことができます。
「今ここ」があなたのスタート地点です。
「あなたは今からどんな人生を送りたいですか?」

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す