好きなことで稼ぐ薬剤師のブログ

賃貸VS持ち家

こんにちは!
今日は、お家についての記事を書こうと思います。

というのも先日薬剤師の後輩から相談されました。

薬剤師歴4年めの後輩。
去年結婚をし、旦那さんとどこに住むかを迷っていたところ、
よく利用する駅の近くに大きなマンションがたったとのこと。

興味を持って話を聴きに行き、
あれよあれよと言う間に契約してしまったとのこと。

仕事でも転勤を迫られ、職場が今の家からほぼ1時間半のところに
飛ばれそうで辞めようかと思っていますと。

最近会社自体もだいぶ働きづらい環境になっていて
退職を割と本気で考えているようで、
でもローンがあるし、
これから産休も育休もとりたいのにどうしようって。

会社に対して不信感・不満感があるなら
やめちゃいなよー。
派遣にしなよー(。ゝω・。)ゞ
とお答えさせていただきました。。

そんなことはさておき、
気になったのが「不動産を買った」と言うことです。

実はこの相談は3件目。
不動産を買う薬剤師って多いのでは?と思って、
それに対してちょっと1歩立ち止まって考えて欲しくて記事を書きました。

まずは持ち家のメリットとデメリットを考える

メリット
・将来的には自分のものになる。
・借りるより家賃を安くできる。
・壁に穴を開けたりしても怒られない。

デメリット
・引っ越しができない。
家を買うと言うことは、
そこに腰を下ろして住み続けると言うことですから。
ローンもだいたい35年で組みますし、そう簡単に引っ越しはできません。

・近所とのトラブルが起こった時に我慢するしかない。
隣の家の人と、木の葉っぱがどうのこうののトラブル・・・。
うちに生えていた木が冬になり、枯葉がどうやら隣の家に入ってしまったようなのです。
もちろんこちらも悪いのですが、
ゴミを漁られたり、悪口を言われたりはしょっちゅうでした。

・以外と修繕費がかかる。
屋根の補修、壁の塗装修理、畳を張り替える、
水道管の老朽化で交換する。
ざっとこんなもんですが、うちの実家はさらに「シロアリ」とかも出たり、
畳が全部腐ったとか色々あって大変でした。
現在の家は立て直し綺麗になっていますが、
相当お金を使ったと聞いています。
屋根の補修で100万、畳でも50万、壁で100万とか・・・。
総額500万円くらいかかってるのではないでしょうか。
それにそれは業者に頼んでるので、現金払いでしたからね。

・仕事場を家のエリアから探さないといけない
説明不要ですかね。
もし、そうならばできれば下りの空いている方の電車に乗りたいですね。

次に賃貸のメリットとデメリットを考える

メリット
・引っ越しがしやすい
・収入に合わせてすむ家のレベルを変えられる。
・ライフステージに合わせて家を変えられる。
・理想の家に住むことができる。
・身軽。

デメリット
・いくらお金を使っても自分のものにならない。
あくまでも借りているものです。

・借りるのが大変な時もある。
自分の社会的信用度によっては希望する家に断られ続けることもあります。
私は派遣ですが薬剤師をしているので、その恩恵を受けていますが、
そういえば今の家を借りる時に
同時希望者が3組いて、私達以外は自営業の方。
オーナーさんの希望で薬剤師の方が家賃未納のリスクが少ないという理由で選んでもらえました。

・壁に穴とか空けられない。
あくまでも借り物ですし、家を出るときは
できるだけ、元の状態に戻して返さなければいけません。
やってみたいDIYとかあるのですが、
修繕の費用がすごくかかりそうでできません。

でも今は、壁に穴を空けなくてもいい
強力な粘着材とか、色々あるので、
なんとか工夫すれば、インテリア的には問題ないなと感じてます。

正解はあるの・・・?

実は正解はありません。
駅でもらえるスーモとかのフリー雑誌でも
よく特集されていますが、答えは出ません。

ただ、自分にとって家に対し何を重要視するかが大事だと思います。

転職もせず、転勤もなく、
ずっと35年間その会社で働き続けるならば、
買ってもいいんじゃないかと思います。

私は断然賃貸派

私は家というものはいつまでも自分の居心地の良い空間であって欲しいです。
何より自宅で仕事がしたいですし、
自宅でまったりする時間もとりたいと思っています。

自分自身が身軽でいることは、
もし、自宅で仕事するのがうまくいかなくなった時も、
どんな仕事だって探すことができるし、
最悪家を出れば、車中泊とか、
実家に戻るとか、色々対策の取りようがあります。

今の所持ち家とは
「私の自由を縛るもの」
という感覚です。

でも、わかりません。
もしかしたらすごい素敵な家に出会って、
3年後に家を買っているかもしれません。

だけどもし買うなら現金一括で書いたいなって思ってます。笑
ローンは絶対組まない!

薬剤師こそ要注意!!

薬剤師さんって頭いい人多いと思います。
だけどお金の知識ってあまりないと思います。
(これは医師も同じですけどね)

そんな薬剤師は不動産会社的にはかなり優良な顧客です。
よく薬局に電話かかってくると思います。

社会的信用が高いので、ローンが通りやすいですし、
金利もおさえられることもあるようです。(不動産屋さんからの話)

将来安泰だと思われてます。
特に薬剤師同士とかだと
夫婦でローン組んで。。。とか、
結構がっつりローンで給料もってかれることもあります。

自分で稼ぐ予定がないのならば、
女性側も無理のないローンを組んでください。

薬剤師ならいけますねって絶対言われます。
産休中や育休中に自分の給与がどうなるかをしっかり想定して
立てることを進めます。

なんだったらしっかり確認してください。
先輩とか、上司に、
「育休の時ってどのくらい給与出てました?」って。
具体的な金額じゃなくてもいいから
「何割?」とかでもいいです。

ちゃんと不動産屋さんと相談してください。
セカンドオピニオン(他の不動産屋の意見を聞くこと)してください。

この記事が少しでも
参考になれば幸いです。

About me
山本マキ
「どんなライフステージでも選択肢の多い人生を!!」
薬剤師をしながら副業開始。2018年5月からアフィリエイトを勉強し、翌月7万円の報酬達成。
ブログメルマガアフィリエイトを学びながら自らが挑戦し、「薬剤師として働く以外の選択肢も選べるようになる」を目指しています。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。